irochinのブログ

ガジェットやゲームのブログ記事を発信しています。

MENU

ワイヤレスプリンター(簡単プリント、大容量インクタンク)【DCP-J577N】

ワイヤレス・簡単設定・大容量インク・液晶タッチパネル【DCP-J577N】

年末の行事として、年賀はがきの印刷があります。

去年までは、エプソンのプリンターを使って印刷していたのですが、長年使っていくうちにノズルが詰まったり、最後は突然印刷できなくなりました。

そこで、今年は安くて便利なプリンターを探してブラザーのDCP-J577Nを購入することにしました。

 

 

 

 

プリンター全体

f:id:irochin:20211222225320j:plain

 

スキャナー部分

f:id:irochin:20211222225923j:plain

 

2段トレー

f:id:irochin:20211222225455j:plain

 

液晶パネル(タッチ対応)

f:id:irochin:20211222225545j:plain

 

インクタンク部分

f:id:irochin:20211222225631j:plain

 

SDカード挿入口

f:id:irochin:20211222225736j:plain

 

 

 

 

私が求めるプリンターの機能として、

 

①主な用途は年賀状の印刷なので、4色インクで十分です。

②次にたまにコピーをすることがあるので、スキャナー機能のあるもの。

③単独でコピーやインクの残量を確認したいので、液晶モニタは必要です。

 

以上の機能を満たすもので、プリンタの選定を始めました。

 

最初は使い慣れたエプソンがいいと思っていましたが、機能と価格を考えると予算オーバーでした。

 

次にキャノン製で調べてみましたが、価格面で断念することになりました。

 

最後にブラザー製のプリンターもよく見かけるので、調べてみると機能面・価格面でも問題なくブラザー製のDCP-J577Nを購入しました。

 

 

 

 

 

■主な仕様■

製造年月日:2018年製で3年前のものです。

サイズ:高さ15cm×幅40cm×奥行34cm

4色独立インク:インクがなくなるとなくなったインクのみ交換できます。

接続方式:USBケーブル、WiFiの2種類の接続に対応。

操作方式:2.7型TFT液晶モニタ(タッチパネル対応)

解像度:最大6000×1200dpimacOSの場合、最大解像度は3600×1200dpi)

給紙方式:2段カセット(2種類の用紙をセットできる)または手差しトレイ

SDカードからダイレクトプリントが可能

 

 

 

◆良い点◆

WiFi対応で、使用するときにプリンターを移動させず印刷することができる。

QRコードスマホで読取り、アプリをインストールしてスマホから印刷できる。

③2段トレイで2種類の用紙を入れておき、印刷することができる。

2.7型液晶で、プリンター単独で操作することができる。

⑤まだ使ってないのですが、両面印刷ができる。

インク容量が大きいので、かなりの枚数印刷できる。

 以前のエプソン製に比べインクの減る量が少ない。

 今回カラー印刷はがき50枚を行っても1/3位しか減っていない。

⑦前のプリンターより、印刷スピードが速い。(自分の体感的な感想です。)

 

 

 

◆悪い点◆

①2段トレイ取り出して使用する用紙を切替える必要がある。

②以前使っていたエプソン製のプリンタに比べサイズが少し大きい

 (簡単に持ち運べない)

③悪い点ではないのですが、CDやDVDのプリント機能があればうれしかった。

 (上位機種には機能が搭載されていたのですが、やはり価格面の問題でしょう)

 

 

 

 

まとめ

今まではUSBケーブルをPC本体に接続して印刷していましたが、WiFi家中何処にいても印刷できるのは、使ってみると大変便利でした。

以前のプリンターに比べインクカートリッジが大きく、印刷コストが安く済みました。

カートリッジ式の良い点で、いちいち用紙のセットする手間がいらなくなりました。

昔のプリンターに比べやはり技術の進歩が進んでいるので、便利になったことが実感できました。

本製品は、すでに製造は中止されています。(後継機種:DCP-J926N-W/B)

ちなみにアマゾンなどではまだ、販売されているようです。